理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生

活動レポート | 南信州飯田おもしろ科学工房

理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生
活動レポート
最近のレポート
アーカイプ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
お問い合わせ
飯田市教育委員会[生涯学習・スポーツ課]
活動レポート
<< 松本工業祭りでサイエンスショー | 一覧 | スタッフ会の開催 >>
神戸市立真陽小学校に出前工房!

さあ、これから飯田を出発します。うれしそうな後藤先生です。


われらおもしろ科学工房、出発!


さあ、いよいよサイエンスショーの始まりです。いったい何が飛び出すでしょうか?


まずは「消える長風船」の実験です。たくさんの風船が黒い箱の中に消えていってしまいまし た。不思議だね。どうしてなんだろう?


入れものの中には『液体窒素』が入っていました。その温度はなんと-196℃。その中に入れ ると、はずむゴムボールだって…。


液体窒素に冷やされると、酸素だって液体になっちゃいました。


シャープペンシルの芯に電気を流し、エジソン電球の実験です。


不思議で楽しい実験の数々にみんなびっくりしています。


超伝導体を液体窒素で冷やして、その上にネオジム磁石をそっとおくと、なんと磁石は空中に浮 かんだよ。


サイエンスショーのあとは、私たち科学工房の出番です。ここは風船ロケットのコーナー。傘袋 がよく飛ぶロケットに変身!


ここはストローとフィルムケースで作る「ストロー笛」のコーナー。練習すると曲だって吹ける ぞ!


「わっかとり棒落とし」のコーナー。慣性の法則を体感しよう!


空気のうずを的にぶつけて遊ぶ「空気砲」のコーナー。紙コップの山をくずしちゃおう!


巨大空気砲も持っていきました。ドーナツ型の空気のうずが遠くまで飛んでいくのが見えたか な?


午後からは5・6年生のお友達といっしょにモデルロケットを作りました。


説明するのはメンバーの森山さん。指導員の免許を持っています。おくに見えるのがモデルロ ケットだよ。


さあ、さっそく作ろう。カレンダーの紙やフィルムケースなどを使って作ります。


作業は順調のようだね。きちんと作るとよく上がるロケットができるよ。


だいぶ形になってきたね。あとひといきだ。


さあ、完成したぞ。あいにくの雨降りだったけど、ロケットは雨雲につきささるように、元気に 飛び立っていきました。

出前工房 | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

このページの先頭へホームへ