理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生

活動レポート | 南信州飯田おもしろ科学工房

理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生
活動レポート
最近のレポート
アーカイプ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
お問い合わせ
飯田市教育委員会[生涯学習・スポーツ課]
活動レポート
<< ミラーボックスを作ろう | 一覧 | 巡回科学実験教室始まる!浜井場小学校 >>
サイエンスマジックショー

 科学の原理を使ってふしぎな現象 をお届けする「サイエンス・マジックショー」が開かれました。後藤先生の前では、次々とふしぎなことが起こります。子どもたちからは「ええ? どうし て?」という声が次々とあがります。ふつうのマジックショーなら「見ておしまい」。でも、ここは違います。自分でやって確かめられるのです。そう、君たち にもできるんだよ。それは身の回りにふだんからある科学の原理を使っているんだ。君たちのまわりは科学でいっぱいなんだ!

いよいよサイエンス・マジックショーのはじまり、はじまり〜!


水をいれたビニール袋にえんぴつをさしたよ。何本もささってるけど、水がこぼれない。どうし てなんだろう?


水の入ったグラスにフック付きのプラスチック板でフタをします。たったそれだけなのにそのグ ラスが3つもぶらさがってるよ。ひぇ〜。大丈夫?


こちらは「なんでも皿まわし」。後藤先生の手にかかれば何だって回っちゃう。ウチワなんてか るい、かるい!


ゴム風船に竹串をさしました。でも割れません。ボクがやったら割れちゃった。どうしてなんだ ろう?


ビンの口に5円玉でフタをして、秘密の筒をかぶせます。その筒の上からパチンコ玉を落とす と、フタをしたはずのビンにパチンコ玉がはいっちゃう!?


これはふしぎ。紙テープを2つのゼムクリップではさんでとめます。両側からテープをひっぱる と、離れていたクリップがひとつにつながっちゃう!


たくさんのマジックが行われました。上は超能力で回る?風車、と思いきや、手で温められた空 気によって起こる上昇気流を使った現象です。


かたく結んだひもだって、先生にかかればあっというまにほどけちゃうぞ。さあ、君も挑戦して みよう。


これはみんなで浮沈子を体験しているところ。そうかあ、そうだったんだあ。


こんなにちっちゃなこでも、いえ、ちっちゃなこほど好奇心のかたまりなのです。


先生!ボクにもできたよ! そうだね。自分でやってみることが大事だよ。うまくできてよかっ たね。

理科実験ミュージアム | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://repo.omosirokagaku.com/trackback/43
トラックバック

このページの先頭へホームへ