理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生

活動レポート | 南信州飯田おもしろ科学工房

理科実験,科学実験,サイエンスショー,体験,講座,子供,学生
活動レポート
最近のレポート
アーカイプ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
お問い合わせ
飯田市教育委員会[生涯学習・スポーツ課]
活動レポート
<< 万華鏡を作ろう | 一覧 | 飯田工業高校生とのコラボ 割り箸紙飛行機を飛ばそう >>
特別講座 超低温の不思議な世界と超電導リニア
超低温の世界サイエンスショー

10月24日 理科実験ミュージアムで特別講座「超低温の不思議な世界と超電導リニア」が開かれました。
今、話題になっているリニア中央新幹線「超電導リニア」に
使われている超電導体って、いったいどんなものなんでしょう。
体験してみよう。




超低温の世界サイエンスショー 超低温の世界サイエンスショー

さあ、まず、超低温の実験が始まります。
長風船を液体窒素の中に入れていくと・・・どうなるのかな??
膨らめた長風船が、20本も入ってしまいます。
ジュアービンの中から風船を取り出すと、アラ!!不思議またもとの状態に戻ります。

超低温の世界サイエンスショー

見やすいように、空気を透明な袋に入れて、液体窒素で冷やしてみましょう
ほら、空気が液体になってしまいました。
みんな、空気って見たことあるかな??

超低温の世界サイエンスショー 

バラを入れてみました。つめたーーく、冷えて、パリパリ音がしています。

超低温の世界サイエンスショー 超低温の世界サイエンスショー

さあ、バラをバラバラにしてみよう。
さっきまで、きれいに咲いてたバラが一瞬でバラバラに

超低温の世界サイエンスショー 超低温の世界サイエンスショー

バナナを入れてみます。
凍ったバナナで釘を打ちます。コンコンコン!!本当に釘が打てました。

超低温の世界サイエンスショー

元岩手大客員教授 佐々木修一先生が考案した超電導ジェットコースター
これは、2000個のネオジウム磁石がメビウス状になっています。
この上を超電導体が、浮いて、吊り下がって、走ります。

超低温の世界サイエンスショー 超低温の世界サイエンスショー

ものが浮いている状態、吊り下がった状態なんて見たこともありません。
−196度に冷やされた超電導体が、煙を吐いたように
メビウスのジェットコースターを走り回ります。
子どもも、大人も、目を真ん丸くしてみています。
この、超電導体というのが超電導リニア=リニア中央新幹線に使われているのです。

超低温の世界サイエンスショー

これからは、磁石のお話
みんな、磁石ってしってるよね。
同じ極同士だと反発し、違う極だと引き合う性質を持ってるよね。
リニア中央新幹線は、この磁石が反発したり、吸引したりする原理で
浮上して推進しているんです。

磁石が、アルミ板の上をすべると・・・・あれ?あれ?
アルミ板にくっつかない磁石がなんで、滑らないの??
これって、マジックではありません。
実際に起こっている現象なんです。この現象から、モーターが出来たんですよ。
アルミ板の上を磁石がすごいスピードで滑っていくと磁石が浮きあがります。
リニアは、150kmくらいのスピードになると浮上します。
リニアは超電導体というすごい強い磁石を使ってるから10センチも浮きます。

超低温の世界サイエンスショー

これが、リニアが推進する原理です。
コイルが、N極 S極 N極 S極と変化してリニアを導きます。
こんなおもちゃもスタッフが作ってしまいます。

この超電導リニアは、世界中どこにもないシステムです。
こんなすばらしい超電導リニアの駅が飯田市に出来たら!!
なんてすばらしいんでしょう。
17年後、皆さんは、ちょうど大学生くらいかな?もう働いているかな?
もしかしたら、リニアで東京まで通っているかもしれないよ。

17年後、どんな飯田市になっているかな。
超電導リニアが通っても、この素晴らしい自然は、そのままでいて欲しいものです。





特別講座 | -

このページの先頭へホームへ